Event

諸般の状況から延期

オレンジ with フレンズ
横内 TAKE 健亨(Vo,G) 石井治郎(B) 浅野良治(Dr) 富岡 GRICO 義広(Dr.Per) 水谷啓二(Vo,Sax) saki 紗貴(Vo) 小松三郎(G) TAD 前田(Vo,G)
1970年にスパイダース解散後、ムッシュが1971年にアラン・メリルとテンプターズの大口広と結成したウォッカコリンズにベースで参加していた横内健亨が、アランが脱退後、活動停止になったウォッカコリンズに代り、ベースに石井治郎、ゴダイゴの初代ドラマー浅野良治、フラワートラベリングバンドの弟バンドにいた小松三郎の4人でムッシュバンドを結成し、1972年からムッシュのバックバンドとして活動。1973年に日本テレビの「キンキン&ムッシュのザ・チャレンジ」を機に小松三郎に替わって後にソロデビューする山本達彦がキーボードで参加し、バンド名を「オレンジ」とムッシュが命名した。1974年から1975年にかけてムッシュの全国ツアー、郡山ワンステップフェスティバル、年末のニューイヤーズロックフェスティバル等をサポートし、山本達彦が脱退後は、「FLAT OUT」とバンド名を改名し、キーボードに森村献、武部聡志、ギターにTAD 前田、丹波博之、サックスで水谷啓ニが参加。ドラムの浅野良治が脱退後は、伍代儀秀彦、富岡義広が参加。1978年の「ファーストライブ」から「スタジオムッシュ」、1979年の「パイナップルの彼方へ」は全曲アレンジ、演奏を担当した。2009年の「1939~MONSIEUR」にも参加している。晩年のライブもサポートし、スパイダース以降、ムッシュと一番多くのステージを一緒したメンバーたちがオレンジ with フレンズとして集合した。

ザ・コンパーノスパイダース
スパイダースのトリビュートバンド。スパイダースをこよなく愛するメンバー5人が集まって結成された。リーダーが収集するスパイダースコレクションを情報源に、ステージはグループサンズ全盛時代の当時のジャズ喫茶を再現。古き良き日のスパーダースをこの時代に届けてくれる。今回のギグにはハチャアキ、オイリー北川、ギャンティ横川の3名が参加。
 
加藤 充
通称「カッペちゃん」。御年86歳。ザ・スパイダースのベーシストとして活躍した伝説のミュージシャン。
数多くのセッションを行い、1971年のムッシュのセカンドアルバム『どうにかなるさ アルバムNo.2』では全曲ベースを担当。
近年はGS仲間たちとのジョイントライブを行う中で、かっぺちゃんオールスターズを結成し音楽活動を続けている。
 
TARO かまやつ(ピアニストシンガーソングライター)
かまやつひろしの長男。音楽一家に生まれ、3歳よりクラシックピアノ、音楽理論、作曲法を日本を代表する作曲家で「題名のない音楽会」の司会でも有名な故・黛敏郎氏に師事。現在もこよなく愛するショパンやドビュッシーの演奏も幼い頃よりマスター。6歳より作曲開始。2006年5月シングル「風のわだち」でデビュー。9月アルバム「ピアノマンの詩(うた)」をリリース。ソロライブ活動、全国のイベント出演、他アーティストとのコラボレーションライブなどを行っている。